White & Case
  ニュース
ロイヤーズ&アドバイザー
デービッド アルバグリ

事務所一覧
東京
プレスリリース 「ホワイト&ケース、知的財産プラクティス強化へ。デービッド・アルバグリ外国法事務弁護士がローカル・パートナーとして東京オフィスに入所」

東京, 2016年4月18日 ...

グローバルローファームのホワイト&ケースLLP(本拠地:米国、以下「ホワイト&ケース」)は、東京オフィスのローカル・パートナーにデービッド・アルバグリ外国法事務弁護士(カリフォルニア州弁護士)を迎えた旨を発表しました。アルバグリ氏は、グローバル知的財産(IP)プラクティスグループに所属し知的財産関連業務を取り扱います。

アルバグリ氏は、特許関連訴訟はもちろんのこと、出願手続き、鑑定、戦略的特許ポートフォリオの構築、訴訟提起前のカウンセリングやデューデリジェンス調査まで幅広い知的財産分野においてクライアントに助言を提供すると共に、知的財産関連取引についても取り扱ってきました。また、米国特許弁護士として豊富な実務経験も有しています。主な取扱分野は、医薬品、バイオテクノロジー、化学、高分子、医療機器、半導体です。さらに、科学者として、核酸加工技術、化学合成、電気化学、マイクロ流体工学、重合体、生化学といった幅広い科学技術の分野でも多くの経験を積み重ねてきました。

今回のアルバグリ氏の入所について、ホワイト&ケースのパートナー兼アジア地域ヘッドであるエリック・バーグは、次のように述べています。「アジア地域では、知的財産に関する継続的な法務サービスと知的財産取引に関する助言を求めるクライアントが増えていると認識しています。今回のアルバグリ氏の入所は、アジア地域における知的財産業務体制を強化するものであると同時に、高まる知的財産関連ニーズに応えることでクライアントの成長を支援するという我々の取り組みを反映しています」

ホワイト&ケースのパートナーでグローバル知的財産プラクティスグループを率いるディミトリオス・T・ドライヴァスは、次のようにコメントしました。「アルバグリ氏の入所は、グローバル知的財産チームの重要な強化策と位置づけられており、アジア地域全域で世界に通用する知的財産サービスの提供に向けた強固な基盤になると確信しています」

ホワイト&ケース東京オフィスのエグゼクティブ・パートナー兼日本におけるM&A/コーポレートプラクティスグループ共同代表であるブライアン・ストラーンは、次のように言及しました。「日本は、世界医薬品市場で第2位、世界化学製品市場で第3位の規模を誇っています。今回、これらの分野で豊富な経験を有するアルバグリ氏を迎えたことは、当事務所がこれらの業界のクライアントを重要視していることを反映しています。化学・医薬品その他ライフサイエンス分野の知的財産がますます高度化・複雑化するなかで、特許弁護士にして科学者という類い稀な経歴を持つアルバグリ氏は、それぞれの立場で培った実務者経験を活かし、クライアントの知的財産の課題解決へのサポートを提供することができます」

アルバグリ氏は、プリンストン大学を卒業後、マサチューセッツ工科大学にて博士号(Ph.D.)を、カリフォルニア大学へイスティングス校法科大学院にてジュリス・ドクター(Juris Doctor)を取得しました。米国カリフォルニア州弁護士の資格を有し、米国特許商標庁にも登録しています。外国法事務弁護士として第一東京弁護士会に所属しています。


ホワイト&ケースについて

ホワイト&ケースは、世界26カ国39拠点を擁する国際的な法律事務所です。米国系法律事務所として早くから国際化を果たし、国境を越えた経済活動において求められるすべての法域に関して助言を提供しています。世界各地に所在する拠点を統合したグローバルネットワークの提供する価値と、各地域に米国法、英国法および現地法の弁護士等を擁する体制に基づく国際的法務業務への対応力に対し、クライアントから高い評価を得ており、仲裁・訴訟の代理業務のほか、国境をまたぐ案件など複雑性の高い案件などで助言を提供しています。

問い合わせ先

ホワイト&ケース外国法事務弁護士事務所
ホワイト&ケース法律事務所
(外国法共同事業)
土田美由紀
電話:03 6384 3357
Eメール:miyuki.tsuchida@whitecase.com