White & Case
  証券・金融
ホワイト&ケース東京オフィスは、証券・金融・保険といった、いわゆるキャピタル・マーケットの分野において日英両言語による法務サービスを提供することができる数少ない法律事務所の一つとして、特に、外資系金融機関の間において一定の評判を得ています。いわゆるコンプライアンス(法令遵守)の分野では、東京オフィスのバイリンガルの特性を生かして日英両言語完全対応のコンプライアンス・ブックの作成や依頼者の従業員向けに社内コンプライアンス・セミナーの実施などを数多く行ってきました。また、私募・公募を問わず、また、国内・海外を問わず、多くの株式、仕組債、投信等の有価証券の発行を手掛けています。ホワイト&ケースに蓄積されている多国籍の法律知識を駆使して、オフショア・マーケットを利用した、先駆的な投信、仕組債、仕組ローン、保険商品、年金商品等の新商品開発に多く携わっています。さらに、わが国に進出する外国金融機関の日本の拠点作り、各種業務免許の取得、業務開始後の各種法律事務のサポート、さらには金融庁、日本証券業協会等の関係当局との折衝の代理等を行っています。