White & Case
  M&A

ホワイト&ケースは、東京にある国際的な法律事務所の中でも、最も長い歴史をもつ最大規模の法律事務所のうちの一つであり、クロスボーダーのM&Aでは優れたプラクティスを誇っています。東京オフィスのM&Aチームは、東京のリーガルマーケット及びコミュニティーを長年にわたってリードしている熟練した弁護士、外国法弁護士の経験及び能力によって、ますます強固なものとなっています。

ホワイト&ケースが行っているのは、ドキュメントの作成やデューデリジェンスだけではありません。戦略的な目標の設定や、設定された目標を達成するのに最適なストラクチャの設計、業務上及び法的なリスクの評価及び管理、コーポレートガバナンスに関する助言、及びクロージング後の統合のプランニングやサポートなど、取引の全ての段階において、クライアントに真に価値あるサービスを提供することを追求しています。

東京オフィスのM&Aチームは、各案件について、ホワイト&ケースが有する比類ないグローバルな経験、資源を惜しむことなく、また費用効果の高い形で総動員することで、複数の法域をまたがるような極めて複雑な案件についても東京から案件を動かしております。東京オフィスのM&Aチームは、日本語と英語の両方に堪能なメンバーによって構成されており、国内のクライアントに対して、インバウンド、アウトバウンドのいずれの取引のいかなる側面についても日本語で助言できる、数少ない国際的な法律事務所の一つです。今日の複雑かつ動きの速いクロスボーダーのM&Aにおいても、我々はクライアントの慣れ親しんだ言語で、大胆に、かつ即時に法的なアドバイスを提供しています。その結果、クライアントの社内における意思決定プロセスが簡略化され、迅速に行動することができるようになるため、市場における数々の投資機会に十分に対応することができます。