White & Case
  国際通商

ホワイト&ケースの国際通商グループは、国内法、二国間協定、広域FTA、投資協定、WTO協定、その他の多国間協定など国際通商規則にかかわるリスク管理とビジネスチャンスを最大限に活かす助言を行い、海外オフィスとのネットワークを通じて、国際通商ルールに整合し、かつ企業及び政府機関のクライアントの要求に適したリーガルサービスを迅速に提供します。 

  • アジア(東京、北京、バンコック、シンガポール)、北米(ワシントンDC、マイアミ)、ヨーロッパ(ブリュッセル、ジュネーブ)、中東(アブダビ)に弁護士及び通商アナリストを配置して、国際通商法の総合的なサービスを提供。
  • 政府、国有企業、多国籍企業、業界団体、製造企業、輸出企業、輸入企業を代理して数多くの通商案件に豊富な経験。
  • 反ダンピング関税、相殺関税、セーフガード、その他の貿易救済手続、措置について、世界で最大規模のプラクティスを展開。
  • ウラン、原油、鉄鋼、セメント、自転車、製材、繊維、紙、化学、電機・電気製品、電子・半導体、プラスチック、化学品、化学肥料、チーズ、マッシュルーム、花卉、魚類及びエビなど、基礎産業からハイテク産業さらには農産品まで、幅広い分野における通商問題について豊富な経験。
  • WTO加盟、ドーハ・ラウンド等の多国間貿易交渉、技術支援プログラム、ビジネス・カウンセリング、戦略的アドバイスなど、WTOの全ての側面において民間企業及び政府クライアントを代理、代表。
  • WTO紛争事案に関し、申立国、被申立国、第三国それぞれの立場の多くの国家を代表してきた豊富な経験。
  • 環太平洋連携協定(TPP)、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)、アセアン自由貿易地域 (AFTA)、ASEAN+1、北米自由貿易協定(NAFTA)その他米国が締結したFTA、欧州連合(EU)とのFTA、その他の地域及び個別の国が締結する自由貿易協定についての深い知識に基づいた情報と戦略的なアドバイスの提供。
  • トルコ、マレーシア、シンガポール、タイ及び中国政府に対して、FTAの交渉から実施までの法的、政策的な論点、貿易法の草案作りなど国際貿易法に関して国家に助言を提供。
  • 米国1930年通商法337条調査、EUの模造品と海賊版の規制について企業の知的財産権を弁護する幅広い経験。
  • 世界各地の関税法及び規則を遵守しつつ、最大限の利益を得るための関税軽減策に対する助言など戦略的、技術的助言の提供。
  • 輸出規制、経済制裁及びその他貿易と投資に関する規制など、国及び多国間の国際貿易及び投資規制を充分に考慮した助言の提供。
  • NAFTA、ドミニカ中央アメリカFTA、エネルギー憲章など、二国間・多国間の投資協定及びFTA投資章に基づく仲裁において、リーダー的存在の評価。

世界中のネットワークを駆使し、その総合力を活かしたチームワークにより、クライアントの通商事案に対する最適なリソースを素早く見つけ出し、効率よく、素早く対処することができます。その上、多文化で多言語なチームを編成することにより、グローバル・マーケットでクライアントのビジネス利益を最大限に引上げるよう、対象国の貿易交渉官と連絡をとり、交渉することができます。