White & Case
  債権売買・管理回収
90年代後半より金融機関やノンバンクが保有する貸付債権等の債権を活発に外国投資家を含む投資家や債権回収会社に売却するようになりました。ホワイト&ケース東京オフィスは、国内外の投資家や債権回収会社を依頼者として、このような債権売買にかかるデューデリジェンス、投資スキームに関する法務及び税務の助言、入札手続、債権売買契約の作成・交渉、債権買収のための融資取引、債権売買の実行、譲り受けた債権の回収・管理に関する各種の法律事務を行っております。債権回収・管理には、裁判所への届出、債務者や管財人との交渉、債権に関わる訴訟手続、不動産競売を含む保全・執行手続等広範囲な法律業務が含まれています。特に、債権が抵当権付きの場合には、債権回収管理業務は、任意売却、代物弁済または自己競落を通じて不動産取引と密接に関連しており、債権と不動産のノウハウが活用されます。売買される債権ポートフォリオの中に海外債権が含まれる場合には海外のホワイト&ケースの拠点またはその他のネットワークを通じて海外の不動産処分や外国での債権回収の支援を行うこともあります。