White & Case
  コーポレート(企業法務全般)
「コーポレート」は、非常に広い業務範囲を意味し、外資の日本への対内直接投資、日本での合弁、ライセンス、日本子会社や支店の設立、各種許認可の取得、子会社や支店を通じての日本での営業活動に関する契約書の作成・交渉その他の法律事務等の伝統的な渉外法律事務から企業買収活動を主体とするいわゆるM&A業務を包含する、私共の行っている中心的な法律業務です。会社法、証取法、民法、独禁法、外為法、税法、知的財産法、行政法、労働法、倒産法、各種業法等あらゆる日本の法律が総合的に関連する業務であり、弁護士、外国法事務弁護士、税理士、司法書士及び行政書士が依頼者のニーズと案件の内容に応じてチームを組んで、求められる法務サービスを提供します。特に、税務チームと協働することにより法務と税務の両方について一体的に助言できることが当事務所の特徴です。